食彩紀行

001.高知県・土佐湾

高知県 土佐で出会った
太陽と風と自然の力だけでつくられる天然塩

高知県西部に位置する黒潮町は古くから塩の町。
この町で海からの贈りものを大切にしている人たちと
シェフ大堀和也は出会いました。
(2014年8月24日)

食彩紀行タイトル画像
とっておきの塩が完成
アスパラガス畑の画像

大堀が訪れたのは高知県幡多郡黒潮町にある製塩所、企業組合ソルトビーさん。からだにやさしく、素材の味を引き立てる天日塩“海一粒”。そのつくりかたを大堀は体験してきました。
ソルトビーさんのホームページはこちら

加熱処理をしない、自然で稀少な天日塩
村上農場の画像

“海一粒”は太平洋の海水と風と太陽自然の力で完成させる天日塩。通常の塩とは異なり加熱処理をせずに自然乾燥で時間をかけて水分を取り除いてできるこの塩は、ミネラルバランスがよく、味に旨みがあります。

すべてのコースでお楽しみいただけます。
時鮭の画像

秋のコースは、すべて“海一粒”で調理しています。安心 安全 天然 の塩で素材の味を引き立てたラリアンスのフレンチ“フランコジャポネ”をどうぞお試しくださいませ。

四万十川産 日本一の卵と秋鮭の共演
純血サフォーク種の仔羊の画像

Œuf / Saumon / IKURA
ランチ「至福の午餐会」コース、ディナー「シェフ 大堀 スペシャル」でお楽しみいただけます。

旅の記録
シェフと農園の人々の画像
issue.004/瀬戸内海・京都 丹後

日本最高峰“瀬戸内の真鯛”と、京都古来から珍重されてきた赤甘鯛“ぐじ”の二大鯛決!
(2015年2月)

市場の画像
issue.003/青森県・八戸

日本一の水揚げ高を誇る青森県の天然ひらめ。 うま味、食べごろ、適温を逃さない状態で、八戸港からラリアンスに直送されます。
(2014年10月21日)

函館湾の市場の画像
issue.002/北海道・函館

北の玄関口、北洋漁業の拠点として発展してきた函館港。ラリアンスの秋メニュでは朝穫れの真イカを函館から空輸。新鮮な状態のものをお客様にお出しいたします。
(2014年8月20日)