食彩紀行

006.佐伯湾・大分

豊後水道の活魚と
100年の歴史をもつ黒毛和牛

海の幸の宝庫から届く新鮮旬魚と、
おいしさの血統を古くから引き継いでいる”豊後牛”。
(2015年8月)

食彩紀行タイトル画像
2015年8月20日、豊後水道の朝焼け
豊後水道の画像

秋のメニュ開発にあたり、シェフ大堀和也は九州地方 大分県を旅してきました。そこでであったのは瀬戸内海と太平洋がぶつかる、栄養豊富で美しい豊後水道の海で穫れる活きのいい新鮮な海の幸の数々。

活魚をあつかう場所として有名な佐伯湾。
市場にいるシェフ

別府湾と並んで有名な大分の佐伯湾(さいきわん)。山に囲まれ川が流れ込む自然がつくった素晴らしい漁場です。湾内で穫れた魚が活魚として生きたままセリに出されている活気が大堀にインスピレーションをもたらします。

歴史の重みと品質の確かさとあわせもつ豊後牛。
牛舎にいるシェフ

豊後牛はその才能を伸ばし育てることによって農林水産大臣賞を受賞。おいしさの基準であるオレイン酸含有率55%以上の『豊味い(うまい)の証』をお楽しみいただけます。

ラリアンス秋のスペシャリテ
佐伯湾で穫れた白身魚のカルパッチョキャヴィアとの饗宴

佐伯湾で穫れた白身魚のカルパッチョ キャヴィアとの饗宴
Carpaccio de jourà la créme de anchoi en salade
豊後水道から届く新鮮な旬魚はランチ「至福の午餐会コース」
ディナー「シェフ 大堀 コース」でお楽しみいただけます。

ラリアンス秋のスペシャリテ
おおいた豊後牛サーロインのソテー季節の野菜とともに

おおいた豊後牛サーロインのソテー 季節の野菜とともに
Entrecôte sautée aux légumes de la saison
仔牛の生産日本一を誇る大分の黒毛和牛、豊後牛はランチ、ディナーの各コースでお楽しみいただけます。

  • 牛舎の画像
  • 豊後牛の画像
  • シェフと農家の人々
  • アワビの画像
  • エビの画像
旅の記録
市場の画像
issue.005/瀬戸内海・徳島

ハモは、水温が高くなる6月から8月に旬を迎え、漁獲量も多くなります。夏の味覚の代名詞との出逢いを求めて、今回大堀は徳島へ赴きました。
(2015年6月)

函館湾の画像
issue.004/瀬戸内海・京都 丹後

日本最高峰“瀬戸内の真鯛”と、京都古来から珍重されてきた赤甘鯛“ぐじ”の二大鯛決!
(2015年2月)

青森港の画像
issue.003/青森県・八戸

日本一の水揚げ高を誇る青森県の天然ひらめ。うま味、食べごろ、適温を逃さない状態で、八戸港からラリアンスに直送されます。
(2014年10月21日)