食彩紀行

014.三重県 伊勢志摩

安心 安全 新鮮でからだによい食材を求める
シェフ大堀和也の旅。

伊勢志摩を旅して出会った食材による渾身のフルコース
鮑 伊勢海老 松阪牛 ほか
(2017年6月)

食彩紀行タイトル画像
松阪牛、伊勢海老を味わう 三重県 伊勢志摩フェア 2017

「安心安全 新鮮で健康によい食材による料理」にこだわっているラリアンス。夏のメニュでは昨年大きな反響をいただいた“伊勢志摩フェア”をお届けいたします。今回はメニュ開発にあたり伊勢神宮を訪問し、外宮に祀られている食の神様 豊受大御神(とようけのおおみかみ)への祈願もいたしました。鮑や伊勢海老、 松阪牛など、日本を代表する高級食材によるシェフ大堀和也渾身のフルコースを夏のディナータイムにぜひお楽しみくださいませ。

豊受大神宮(伊勢神宮 外宮) 食の守り神 豊受大御神を参拝
食の守り神 豊受大御神を参拝

伊勢神宮の外宮である豊受大神宮に祀られているのは豊受大御神(とようけのおおみかみ)。内宮の天照 大御神のお食事を司る食の女神様です。伊勢志摩をテーマにした今回のメニュ開発にあたりどうしても訪れておきたかった場所です。訪問した日は鳥居に清々しい木漏れ陽のさす穏やかな天気。食の神様への祈願も無事済ませることができました。

浦村の真ガキ 生浦湾(おおのうらわん)に浮かぶカキの筏
養殖用の筏でカキの引き上げ体験をする大堀

浦村の真ガキ 生浦湾(おおのうらわん)に浮かぶカキの筏。鳥羽浦村で養殖されている真ガキ。1年半かけて育てられ、今が一番身においしさがあります。カキは海のミネラルといわれるくらい栄養素が高い食材。浦村のカキは出荷前18時間背赤外線の通った水につけて無菌の状態にするので非常に安心です。また、夏には浦村で育った3年ものの岩ガキを提供予定です。
※写真は養殖用の筏でカキの引き上げ体験をする大堀

伊勢志摩サミット 晩餐会メニュ 鮑のステーキ、伊勢海老、松阪牛フィレ肉
伊勢海老 アメリカンソース

伊勢志摩サミット 晩餐会メニュ 鮑のステーキ、伊勢海老、松阪牛フィレ肉。伊勢といえば伊勢海老。熊野灘 伊勢志摩のいりくん だ地形で育ち、深い場所に生息しているため、海女さんがひとつひとつ水揚げしています。伊勢海老は味も見た目も一流品です。すべてにおいて味が濃く、海の香り、ミネラルが豊富。
※写真は大堀が伊勢志摩観光ホテルで大堀が食べてきた 「伊勢海老 アメリカンソース」

オーシャンファーム 松阪牛の里
オーシャンファーム 松阪牛の里

松阪牛の特長はすべてメス牛であることです。 そのため赤身がおいしいのです。また、オーシャンファームは肉のおいしさを求めて生産しているため、ほとんど熟成期間がなく、本来の肉の味でなおかつ新鮮なものをお客様に提供したいと考えており、脂身の少ない本来の赤身の味がわかる松阪牛になっています。写真のように衛生管理の 行き届いた、清潔な牛舎で育てられています。

夏の食彩紀行 松阪牛、伊勢海老を味わう 三重県 伊勢志摩フェア 2017
ディナーの画像

メニュ提供予定期間 2017年6月1日(木)~8月10日(木)

旅の記録
ボートに乗るシェフ
issue.013/福岡県 玄界灘

日本最高峰の漁場から直送される“鯛”を味わう、春の二大対(鯛)決!(2017年3月)

レンコンを持つシェフ
issue.012/石川県 能登

再会と出会いから生まれた新しいコース
能登赤土野菜 加賀れんこん 原木しいたけ(2017年1月)

長崎県 五島列島
issue.011/長崎県 五島列島

13周年 秋の食彩紀行 九州最西端。日本屈指の好漁場。
幻の高級魚のクエ 種類豊富なタイ ウチワ海老 アオリイカ 五島パプリカ 五島地鶏 五島牛(2016年10月)