食彩紀行

015.北海道 紋別 美瑛 富良野 十勝

“北の大地の味覚”
300kmの旅から産まれた
北海道の秋を堪能するフルコース

「安心安全 新鮮で健康によい食材による料理」にこだわっているラリアンス。
秋の食彩紀行は、紋別・美瑛を中心にシェフ大堀和也が北海道を旅して出会った食材によるフルコースをご用意いたします。
カニやホタテ、秋鮭などオホーツク海の新鮮な海産物、自然の中で健康的に育った赤牛、富良野や十勝で出会った野菜やチーズ。
300kmを超える旅から紡ぎ出される“北の大地の味覚”をどうぞお楽しみくださいませ。
(2017年9月)

食彩紀行タイトル画像
紋別
雄大なオホーツクを望むカニの町
カニの爪

美しい流氷の町、紋別のもうひとつの大きな特徴がオホーツク海から水揚げされる新鮮な海の幸の数々。流氷には北の海のミネラルが多く含まれています。それがオホーツク海に溶け出して養分となっているためおいしい海産物が獲れるのです。また「紋別はカニの町」といわれるほど特にカニが収穫されています。
※写真は有名なモニュメント「カニの爪」です

紋別のホタテ
身の締まりがよく風味も豊か
紋別のホタテ

紋別のホタテ貝は砂の中で育てているため、よく運動しています。そのため貝柱の繊維がしっかりとしており、こぶりで味わいと歯ごたえがあります。

丘のまち美瑛の野菜
トマト ブロッコリー 玉ねぎ ゆり根 米
ヨーロッパを思わせる丘陵の美瑛町の景色

美瑛町はちょうど北海道の中心にあり標高500m。東に大雪山連峰の山々があります。雪解水と昼夜の寒暖差。おいしい野菜が生まれる条件が整っている地です。ヨーロッパを思わせる丘陵と農業者が作り上げる美しい景観はここだけの景色です。

あか毛和牛“赤牛”
希少性の高い、ヘルシーな和牛
あか毛和牛“赤牛”

黒毛の180万頭に対して、わずか2万4千頭と非常に希少性の高いあか毛和牛“赤牛”。自然の中で安全な牧草、野草をたくさん食べながら放牧で育てられた特徴は豊かな赤身と豊富な旨味成分。脂の含有量は12%以下と少なく、余分な脂肪は含まずとてもヘルシーです。

“北の大地の味覚”
300kmの旅から産まれた北海道の秋を堪能するフルコース
ディナーの画像

写真の料理
紋別産ズワイガニ、ブロッコリー、アボカドのサラダ仕立て
Crabe en salade, brocoli à la purée d'avocat 〜シェフ大堀スペシャルコース 前菜 Ⅰ〜

メニュ提供期間 2017年9月4日(月)〜10月31日(火)

  • 水揚げされる蟹
  • 紋別町で獲れた蟹
  • オホーツクの港
  • オホーツク港に停泊する漁船
  • ヒラメを手にするシェフ大堀
  • 陸揚げされたイカ
  • 燻製工場の方とのふれあい
  • 美瑛町に広がる畑
  • 北海道の雄大な景色を望む
旅の記録
伊勢湾の画像
014.三重県 伊勢志摩

伊勢志摩を旅して出会った食材による渾身のフルコース鮑 伊勢海老 松阪牛 ほか(2017年6月)

ボートに乗るシェフ
issue.013/福岡県 玄界灘

日本最高峰の漁場から直送される“鯛”を味わう、春の二大対(鯛)決!(2017年3月)

レンコンを持つシェフ
issue.012/石川県 能登

再会と出会いから生まれた新しいコース
能登赤土野菜 加賀れんこん 原木しいたけ(2017年1月)