食彩紀行

023 三重県 伊勢志摩

祝 新元号“令和” 伊勢志摩からの贈りもの

「安心安全 新鮮でからだによい食材による料理」にこだわっているラリアンス。
今回のテーマは「伊勢志摩からの贈りもの」。
改元を祝して三重県紀伊長島で水揚げされた伊勢海老や松阪牛をお選びいただける記念コースをご用意しております。
新しい時代の始まりをどうぞラリアンスでお過ごしくださいませ。
ラリアンスは新しい時代“令和”においても日本の旬の食材に敬意を払い、
その素晴らしさをフレンチのお皿にのせてお伝えしてまいります。
ラリアンスグループの食彩紀行にどうぞご期待くださいませ。
(2019年5月)

食彩紀行タイトル画像
豊受大神宮(伊勢神宮 外宮)食の守り神 豊受大御神
豊受大神宮(伊勢神宮 外宮)へ参詣する人々

伊勢神宮の外宮である豊受大神宮に祀られているのは豊受大御神(とようけのおおみかみ)。内宮の天照大御神のお食事を司る食の女神様です。

浦村の真ガキ
生浦湾(おおのうらわん)に浮かぶカキの筏
養殖用の筏でカキの引き上げ体験をする大堀

鳥羽浦村で養殖されている真ガキ。1年半かけて育てられ、身においしさがぎっしり詰まっています。カキは海のミネラルといわれるくらい栄養素が高い食材。浦村のカキは出荷前18時間背赤外線の通った水につけて無菌の状態にするので非常に安心です。
※写真は養殖用の筏でカキの引き上げ体験をする大堀

伊勢海老 長寿繁栄のシンボル
漁場で伊勢海老を手にする大堀

伊勢海老は、戦国武将の鎧を彷彿させる真紅のからだや長く伸びた立派なヒゲをもつ、お祝いごとには欠かせない、長寿繁栄のシンボルとして古来より大切にされてきた縁起のよい食材です。しっかりとした肉質による歯ごたえをどうぞお楽しみくださいませ。

オーシャンファーム 松阪牛の里
牛舎に並ぶ松阪牛

松阪牛の特長はすべてメス牛であることです。そのため赤身がおいしいのです。また、オーシャンファームは肉のおいしさを求めて生産しているためほとんど熟成期間がなく、本来の肉の味でなおかつ新鮮なものをお客様に提供したいと考えており、脂身の少ない本来の赤身の味がわかる松阪牛になっています。写真のように衛生管理の行き届いた、清潔な牛舎で育てられています

神楽坂 フレンチレストラン ラリアンス
伊勢海老の半身

改元を祝して、ディナー“神楽坂の晩餐コース”では記念として伊勢海老か松阪牛をお選びいただけます。また“伊勢志摩の祝宴コース”では伊勢海老と松阪牛をどちらもお楽しみいただけます(要ご予約)。

メニュページはこちら
旅の記録
022 愛媛 南仏フェア

愛媛 南仏フェア(2019年2月)

021 伊勢海老フェア 2019

三重県紀伊長島で水揚げされた伊勢海老(2019年1月)

020 北海道フェア 2018

“未来めむろ牛” “チーズ”(2018年9月)